私の手に触れてよ・・ 鮮血で染メラレタ、コノ手を触ッテヨ・・  オ願イ、私ヲ愛シテ・・
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gundamliontaisi.jpg

機動戦士ゴライオン大使 (嘘)





幼い兄弟が自転車で駆けていった。
賞品や賞金も無く
栄光も名誉も無い、その先を目指し
幼い兄弟が自転車を走らせる。




あの頃の自分も

同じ気持ちで、ペダルを漕いでいたのだろうか・・・





今思えば、何故あんな事に夢中で一生懸命だったのだろうか。


別に鉄道オタクでもなかったし
銀河鉄道に乗りたかった訳でもない。


たぶん、その行為自体
JobやTaskに憧れていただけなのかもしれない。


小学生のある時期に、仲間内で流行った遊びがあった。



電車の運転手ごっこ




(ルール)
一、各運転手は決まった時間に電車(自転車)を走らせなければならない
一、各運転手は決まったコースを走らなければならない
一、電車(自転車)がすれ違う時は警笛(ベル)を鳴らさなければならない




これだけ。

・・・くだらねぇ(笑




でも、このくだらない鉄道会社設立に賛同する運転手が
その頃で5~6人ほど集まった。

まずは、路線図を作った。
○○くんは、スーパーを迂回するルート
××くんは、文房具屋さんとパン屋を回るルート・・・などなど。

ちなみに私は、小学校と駅を往復するルート。
駅といっても、本当の駅じゃなく
駅だと仮定した空き地(当時はまだその辺に空き地がたくさんあった)。

駅の名前は「クモの巣研究所前


もはや意味がわからない(笑



学校が終わると、各運転手は一目散に帰宅して自転車を走らせる。
それぞれのルートに沿って。
時々電車同士がすれ違う事があるので、その時はベルを♪チリンチリンと鳴らす。
この瞬間がたまらなく快感だった。

(むむ!お前はパン屋路線だな、がんばれよ!)
(おもちゃ屋路線ですね!お互いがんばろう~!)

友達同士が自転車で出会っているにも関わらず
会話もせず、ベルを鳴らし合うだけ。
しかし、この職人同士の無言の会話がたまらなくカッコよかった。

大変だったのが日曜日。
朝6時くらいから始発が始まる(笑



誰から褒められるわけでもなく
何か社会の役に立つでもなく
何の見返りも無いのに、ただひたすらに自転車を走らせていた。






・・・今年でもう37歳。



夜勤明けでマンションに帰り着くと
前の道路を、幼い兄弟が自転車で走り去っていった。

お兄ちゃんらしき男の子と
それを追いかける弟らしき小さな男の子。

お兄ちゃんはちょっとクールな黒い自転車。
弟はまだ乗りなれていない感じで、青い自転車を走らせる。



ただひたすらに、二人は笑顔でペダルを漕ぐ。






あの頃の自分も

同じ気持ちで、ペダルを漕いでいたのだろうか・・・



薄汚れたこの心と体で

また電車を走らせる事ができるのだろうか・・・






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
以前の・・・・校長先生とは何かが変わりましたね。

以前は何か辛くなる位に、闇がありました。

今の校長先生・・・

素敵だと思います。
2008/03/07(金) 19:41 | URL | ナツミ #-[ 編集]
校長、乙。

漏れもやったなぁ電車ごっこ。
家の周りをグルグル回ってただけだけどさ。
客役、電車役ってやってさ。
最寄り駅にミニチュアの急行板、特急板が売ってて
それチャリにつけてさ。

昔を懐かしむ時は「考えが後ろ向き」の時だと言われた。
でも、たまには後ろ向いて自分の足跡見ないとな
過去の失敗を反省し生かすのが人間だよ。
我慢するより俺はソッチが好きだ。



2008/03/09(日) 00:10 | URL | 軍曹 #-[ 編集]
過去は変えられないが未来は変えられる
ナツミさん
自分でも思います。何かが変わったと。
何が変わったのかはわかりませんけど。
仕事も生活も、毎日のリズムも
以前に比べて大幅に変わりましたが
そういった現実部分だけじゃなく
人間として、少し脱皮した気がします。
成長したとか、そんな大それたことは思ってませんよ?(笑

ぐんちょ
なんかこういうのあったよな?
“ある仕事、職種、職人に憧れる”みたいな。
文中には書いてないけど
バスの運転手も、同様に憧れたりしました。

今となっては電GOや東京バスといった
画面の中での憧れになってしまうんですね。
時代は変わったものです・・・。
2008/03/12(水) 13:36 | URL | 阿弥陀バッサリ丸 #SeJwCpRM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amidabassarimaru.blog29.fc2.com/tb.php/541-cc15efba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。