私の手に触れてよ・・ 鮮血で染メラレタ、コノ手を触ッテヨ・・  オ願イ、私ヲ愛シテ・・
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kinoyukata.jpg


たとえわずかな光生まれても 嘆きは繰り返す

 それはまるで 嘘のように 消えぬ真実

たとえ最後の羽を開いても 定めは変えられず

  ユリの花は 儚げに 痛みは消えない・・・










キノカワニ、イク・・・?





思えば、最初にきちんと聞いておけばよかった

電車に揺られ、駅に近づくたびに雲行きが怪しくなる

天候のことじゃなくて、心の雲行きが


駅に着く頃には吐き気さえした

老朽化が進む古い駅に

乗車率、何百%になるかわからない乗客の数

私に呼応するかのように

駅の改札口も、人間という汚物を怒濤の如く吐き出していく


文字通り、川辺が会場のようで

鉄板焼きのソースの香りやクレープなどの甘い香り

ヨーヨーや風船などの懐かしいおもちゃに

ライティングがくるくる回る現代風のおもちゃ

そんなたくさんの屋台が並ぶ道を、ダラダラと歩く


ただ、その全てが不快



打ち上げられた見事な花火は、それはそれは綺麗なものでした

でも、それ以上にウザイ生ごみたち

ギャーギャー騒ぐガキに、疲れて道端に座るジジババ

ビールを飲むオッサンにベビーカーを押すオバハン

浴衣で練り歩く若いカップルやDQNども



日本中の人間が集まったんじゃないかと錯覚するぐらいの人の波

全員死ねよ 心からそう思った






「・・・限界」と伝え、今まさに花火が打ち上げられてるその時に

電車に乗って帰りました

“気分悪くなった?”、“どこかで休む?”

そういうんじゃないんだ

知らなかったんだよ、祭りだったなんて

知ってたら行くはずもなかった

恐らく、人生最初で最後

あんな人ごみの中を歩くなんて





少しばかり、人として成長した気でいたけど

何にも変わってなかった

腐った蜜柑は、いつまでたってもやっぱり腐ってんだよ




帰りの電車の中で、無理して笑ってくれてたけど

申し訳ない気持ちでいっぱいだった

自己嫌悪・・・を通り越して呆れかえる




でも、しょうがない

が腐ってんだから





『紀ノ川祭 納涼花火大会』



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/18(月) 18:34 | | #[ 編集]
こんにちは!
ブログジャンキーからやってまいりました。
素敵なブログですね。早速記事の方をじっくり
拝見させていただきます。それでは!
2008/08/23(土) 18:39 | URL | ブロッケン #-[ 編集]
truth
》    さん
そうかな~?そうなのかな~?
そんなこと言ってくれるのは
アナタだけですよ・・・?(笑

うん、確かに浄化されてると思う。
以前よりは。
でも消えない。
腐ってる部分が完全には消えない。
浄化された分、腐った部分が
余計に醜く見える。

ただ、醜い私を綺麗だと言ってくれる
アナタが好きです。

ブロッケンさん
はじめまして!
ここで校長をやっております、阿弥陀バッサリ丸と申します。
わざわざコメントを頂きまして
本当にありがとうございます!

ブログジャンキーから来られたとのことですが
こんな廃校ごときを素敵だと言って下さり
とても嬉しいです。
役に立つ情報など何も無い我が校ですが
よければご登校下さいませ。

またそちらにも遊びに行かせてもらいますね~
2008/08/28(木) 21:27 | URL | 阿弥陀バッサリ丸 #SeJwCpRM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amidabassarimaru.blog29.fc2.com/tb.php/555-cba07217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。